NINEデジタルとクリエイターの力で地域「らしを磨く。

デジタルとクリエイターの力で地域「らしを磨く。

地域のお祭出店は儲からない(?)〜概算収支の共有〜

先日、弊社が運営する静岡県焼津市のコワーキングスペース「Homebase YAIZU」で、地域のお祭「第3回 焼津ヤミー(闇)市」に出店してみました。

「地域のらしさを磨く」ことがミッションの弊社としては、とても楽しくて意義も大きかったのですが、せっかくなので「収支」について概要を共有したいと思います。厳密に把握できてないところもあり数字は推測を含みますが、概ね以下のような結果でした。

人件費を無視した状態で営業利益はトントンくらい。人件費を含めると…。

所感としては
●初参戦で準備不足の割には、しっかり売ることはできた(売り切れ状態)。
●特に高めだと思った値段設定(牛串700円)は、受け入れられていた。
●食材ロス(肉が焦げて売れない)、在庫管理(売り切れ)は課題。
●もうちょっと原価の低い商材で、付加価値を高めて粗利を伸ばす余地はある。
●とは言え人件費を考えると儲ける(営業利益を出す)のは難しそう。
●現実的には、儲ける以外の効果(宣伝とか)を考えないと難しい。
といったところです。

今回参戦した「焼津ヤミー(闇)市」は、補助金等を使わずに民間が自立して運営しているようです。税金を使わずに地域を盛り上げていて、主催・運営されている方の準備も大変です。長く続くためにも、来場者が楽しめて出店者・主催者もしっかり(広い意味で)儲けなきゃいけないと思いました。

ということで、初参戦の我々としては「地域のお祭出店は儲からない」でしたが、地域のためにも儲けるようにしたいと思います。

来年は出店だけでなく、運営のお手伝いもしたい(勝手に宣言)。

渋谷

  • NINE
  • Information
  • 地域のお祭出店は儲からない(?)〜概算収支の共有〜