実績  / モノをつくる・ロゴ・パッケージ

わんこのかつおくん ロゴ・パッケージデザイン

scroll

株式会社ナインは、静岡県焼津市にある株式会社川直様の新規事業であるペットフードブランドの新商品「わんこのかつおくん」のパッケージデザインを担当しました。

川直様は、自家製水産加工品を中心に販売している老舗企業であり、今回の新商品開発に際して、私たちナインがそのデザイン力を活かす機会をいただきました。

課題と目標

川直様の新商品「わんこのかつおくん」は、既に商品化されているキャットフード「ねこのかつおくん」に続くペットフードブランドの第二弾です。

従来の川直ブランドとは異なり、都市部に住む比較的裕福な顧客層をターゲットにしており、特に、健康や社会課題に対する意識が高い女性層にアプローチすることが求められました。

デザインのポイント

上記の顧客層からの共感を得るために、ヒューマングレードという高品質で誠実な印象を保ちながらも、親しみを損なわないデザインが必要でした。

ナインが提案したパッケージデザインは、シンプルな犬のイラストを用いて、ペットへの愛情と丁寧な商品づくり感じ取れるものにしながら、印象的なドット柄で目を引くものとしました。

「わんこのかつおくん」の概要

「わんこのかつおくん」は、静岡県焼津市の老舗水産加工会社「川直」がつくる、原材料にかつお以外使わないヒューマングレードペットフードです。
塩分が少なく新鮮な一本釣りかつおを使用し、水産加工食品を製造している工場で1つ1つ手作業で作っています。

ナインのデザイン力・企画力・課題解決力

ナインが考えるデザインは、見た目の美しさではなく、ユーザー体験(UX)の最適化を通して、クライアント企業様や社会の課題を解決するものです。

ナインのデザイン力・企画力・課題解決力に興味を持っていただけたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ

Our Method Step 1

この事例で使用したメソッド

NINE独自のメソッドで課題をクリエイティブに解決しました。

探し当てる

なぜファースト

なぜ?を考える。なぜこんな形をしているのだろう?なぜそう思うのだろう?丁寧にじっくり見つめて、モノに込められた作り手の想いや、その人たらしめている過去を紐解き、奥の奥にあるドアを開けて核心に迫る。

探し当てる

登場人物に
なりきる

一人に絞って深く心理に入る。お客さんになる人、作り手となる人、店頭に立つ人、登場人物になりきって行動してみる。統計や思い込みに溺れず、その人一人の行動とその時々の気持ちを深く想像する。会議では想像もできなかった気づきに出会える。

定義する

名前を
付けてみる

進行中の取り組み、アイディア、チームに名前を付ける。例えば青山学院大学駅伝部の「私、失敗しないんで大作戦」のように、参加メンバーが自分たちが何をするのかをわかりやすく言い表す。時々思い出して立ち戻って欲しいことに特に効果的。

定義する

お一人様1つ限り

最も重要もの1つだけを残さなければならないとしたら何を残す?大事なことが複数並んで絞り切れない時、1つだけを選んで、他は思い切って捨ててみる。自身驚くかもしれないが意外とイケるもの。

ジャンプする

斬新に
組み合わせる

アイディアを生む。テーマと対極にあるもの、ランダム、この世に存在しないものと組み合わせてみる。笑えるもの、ハッとさせられるもの、芽が出そうなアイディアが生まれる。議論が伸び悩み、箱から出れなくなった時に脱出するテクニックでもある。

他の実績